タグ:NY ( 13 ) タグの人気記事




NY情報110428 【Billy Elliotチケット】

最後にNYに行ったのが一昨年の6月なので、
すでに私はNY最新情報に疎くなってますが、
従姉妹が今度、6月頭にNYに行くとのことで質問メールを頂いたので、
ちょちょいっと調べてみました。
折角だから、これから行かれるかたのためにブログupしておきます^^

最新情報に詳しいかた、
もし間違い等あればぜひコメントして教えて下さい(#^.^#)


> 安くチケットを手に入れる良い方法があれば教えて頂きたいなと思ってメールしました
> 「あっとニューヨーク」というサイトで安く購入できるようですが、
> 他にも良い方法をあればよろしくお願いします
> (今のところ「ビリー・エリオット」を観るつもりです)


NY,素敵ですね!!私も行きたいなぁ~(笑)
今ちょうどトニー賞授賞式前だから、ブロードウェイ活気立っている時と思います^^

あっとニューヨーク」見てみましたが、
BE(ビリー・エリオット)のチケット、公式には最高で$141.50(オーケストラ席の多分週末料金)だから、
「あっとニューヨーク」は手数料等上乗せして通常料金を設定してるみたいですね。
でも、全部込みで、今から予約できて、$125なら、妥当かとは思います。

観る曜日が限定されますが、

PLAYBILLのBE discount(6/1まで)
http://www.playbill.com/club/offers/offer_detail/2742.html
BroadwayBox.comのBE discount(5/1まで)
http://www.broadwaybox.com/shows/billy_elliot_musical_nyc_tickets.aspx

に、オーケストラ席が$79~$95になる割引クーポンが出ていて、
もう少ししたら、これ以降の割引も出てくる気がするので、
Playbill.com と BroadwayBox.com は随時チェックしてみるといいかもしれません。

双方共にメルアドを登録しておくと定期的に割引情報のメルマガが送られてくるサービスをやってて、
私はいつもそれをプリントアウトして、劇場のBOX OFFICEに持って行ったりしてます♪

(追記:ついさっき、Playbill.comからのメルマガ受信したら、
BEの6/5までの割引クーポンでした!すごいタイミング^^)


あとは、tkts(当日半額チケット売り場)に並ぶと半額でチケットが買えるけれど、
おそらくBEはtktsにはまだ出ていないと思うの。

(追記:ゴメンナサイ、tktsにもうBE出てるかもしれないです。
http://www.entertainment-link.com/tkts.asp
でもこの情報が正確なのかはちょっとわからなくて、
and出るか出ないかは当日にならないとわからない。
さらに、夜のチケットは15時くらいから並ぶから、列の後ろの方だと、
自分の番になったときにお目当ての半額チケットが売り切れてる可能性もあります。
長期滞在ならtktsやさらに安いrushチケット、lottery、という手もあるけど、
短期なら時間がもったいないから、私は割引クーポンの方をオススメします~。)

(※rushチケットと、lotteryについては、
「ラッシュ チケット ブロードウェイ」「ロタリー チケット ブロードウェイ」などで検索してみて下さい^^)



・・・そんなところでしょうか(#^.^#)

BEは絶対オススメだから、ぜひ観てきてほしいです^^

数年前には考えられないくらいな円高だし、めいっぱい楽しんできてね!(^^)!


d0003551_114595.gif

『ガブリエル・シャネル』
■5月14日~28日 @日生劇場 <出演>
詳細&ご予約は http://garanlin.syncl.jp   ★チケットお取り次ぎ中★
[PR]



by garanlin | 2011-04-28 04:19 |

アンナ・カレーニナ再演

暮れから来年にかけて、
『アンナ・カレーニナ』の再演に出演することになりました。

http://garanlin.syncl.jp/index.php?p=live&id=19894
(関係者優先予約は上記URLを参照して下さい♪)
d0003551_1822640.jpg

『アンナ・カレーニナ』のブロードウェイ初演は1992年。
私は観ていません。初NYが1993年だったもので(T T)

ですが!

去年NYに行った時に、リンカーンセンターにあるニューヨーク市立図書館で、
ブロードウェイ初演時の映像を観ることができました♪
ダイジェストじゃなくて勿論一本丸々!

図書館の3階の奥に、
TOFT(Theatre on Film and Tape Archive)という小さい視聴覚室があって、
申し込むと、
一つの作品につき一人(一生に!)一回だけ、という規則で、
演劇やミュージカル・ダンス等のビデオテープを視聴することができます。
一応名目は、Performing Artsに従事している人か勉強中の人が対象。
テープの再生の権限は全て係の人が握っていて、
巻き戻して観直したりとかもできないし、
途中トイレに立ったりする時は、観ている箇所をチェックされて、
戻ったらその箇所からきっちり再生・・・!
開館時間も限られてるし結構厳しいですが、
NY市で上演されて映像資料の残っている作品は殆ど無料で観られる、っていうのは、
すご~~~い!と思ったな~。

市のPerforming Artsに対する造詣の深さ。
作品を創る側も、
独り占めしないで広く勉強中の若者に資料を提供することで、
Performing Artsの発展にすご~く寄与!

日本でもこんな風になったら素敵ですね☆

私が『Anna Karenina』を選んで観たのは全くの偶然で(ただの興味)、
去年のその時期にはまだ再演の話は聞いていなかったので、
観といて良かった~。
申込書に、ウソかホントかすれすれのところで、
 purpoce: to study for Japanese Production
と書いたのがホントになりましたね(^_^;)

ブロードウェイ版は、舞台の両側から見下ろすように客席があって、
ラストの汽車のシーンがすごく美しかった。

あ、『A Chorus Line』の1975年初演も観ましたよ~~~\(~o~)/♪



d0003551_114595.gif

056.gif9月9日(木) ★ご予約受付中
伽藍琳ライブ at BostonDreams vol.3
@六本木ボストン・ドリームズ

詳細は・・・【伽藍琳 Official Website 別館】 へ
↑↑↑ 携帯でも閲覧OK! ご予約もこちらから ↑↑↑
[PR]



by garanlin | 2010-08-22 18:03 | 稽古場&舞台裏

NY 2009 <1> やっと回顧

向こうで2日目にmy PCがクラッシュしたおかげで、
帰ってきてからの多忙さは尋常じゃなかった。。。

713ライブも無事終わり、
アイーダリハの歌稽古予習も追いついて、
PCもリカバリーをしてもらってまもなく帰ってくるし、
(Nちゃん、ほんまにありがとう!)

ようやくNYのことが書けます~~~(T T)

まずは観たもの聴いたもののリストから。
ひとつひとつの感想はまた追って・・・。
・・・と言っておいて連載初回が最終回になる恐れも8.375%位あるので011.gif
コメントいっぱいして発破かけてくださいませ040.gif

しかし良く観たなぁ・・・。
チケット代、こうして見ると、惜しげもなく使った・・・。
割引クーポンやTKTSは最大限利用したのだけど、
今回はお金より時間が大事だったので、ジェネラル・ラッシュとかには並ばなかった。
(早朝から数時間並ぶと、$25前後で観られるチケットが手に入ることもあります。)
でも、宿は1泊$25だしゴハンもものすごい節約した。
自分のためのショッピングもほとんどしなかった。
ま。いっかな(^^)
今年は年末までがんばって働くぞ~!!!

d0003551_2373947.jpg


THE LITTLE MERMAID
------------------
(Lunt-Fontanne Theatre, NYC)
8PM FRI JUN 12, 2009
ORCH T 17 $66.50(TKTS 50%OFF)


2009 MCDONALDS GOSPELFEST
"WHAT A FELLOWSHIP"
------------------
(Prudential Center, NJ)
3PM-11PM SAT JUN 13, 2009
UPPER LEVEL SECTION 233, ROW 6, SEAT 8 $28.00(BOX OFFICE)


THE MUSIC OF LUCY SIMON
------------------
(Joe's Pub, NYC)
9:30PM SUN JUN 14, 2009
$25.00(BOX OFFICE)


THE SONG OF SCOTT ALAN
------------------
(Birdland, NYC)
7PM MON JUN 15, 2009
$42.00(BY INTERNET)


SOUTH PACIFIC 南太平洋
------------------
(Vivian Beaumont Theater at Lincoln Center, NYC)
7PM TUE JUN 16, 2009
LOGE C 115 $80.00(TKTS 40%OFF)


THE WIZ
------------------
(New York City Center, NYC)
8PM WED JUN 17, 2009
M-MEZZ E 12 $30.00(TKTS 50%OFF)


THE FULL MONTY
------------------
(Paper Mill Playhouse, NJ)
2PM THU JUN 18, 2009
MEZZ HH 109 $26.25


9 TO 5 - THE MUSICAL
------------------
(Marquis Theatre)
8PM THU JUN 18, 2009
MEZZ C 24 $66.50(TKTS 50%OFF)


BILLY ELLIOT リトル・ダンサー
------------------
(Imperial Theatre)
8PM FRI JUN 19, 2009
FMZZPV(Front Mezzanine Partial View) SEC 1, D 12 $81.50(BOX OFFICE)


WICKED
------------------
(Gershwin Theatre)
8PM SAT JUN 20, 2009
ORCH U 103 $131.25(BOX OFFICE)


HAIR
------------------
(Al Hirschfeld Theatre)
3PM SUN JUN 21, 2009
ORCH E 13(Partial View) $82.00(BOX OFFICE)


BROADWAY BARES 19.0
------------------
(Roseland Ballroom)
9:30PM SUN JUN 21, 2009
STANDING $55


BORN FOR BROADWAY
------------------
(New World Stages/Stage 3, NYC)
8PM MON JUN 22, 2009
MEZZ B 8 $51.50(BOX OFFICE)


NEXT TO NORMAL
------------------
(Booth Theatre)
7PM TUE JUN 23, 2009
ORCH L 14 $70.00(BOX OFFICE)


<< VIDEO >>

A CHORUS LINE (1975 at The Public Theater, NYC)
ANNA KARENINA (1992 at The Circle in the Square Theatre, NYC)


<< FILM >>

THE READERS 愛を読むひと
CURIOUS CASE OF BENJAMIN BUTTON ベンジャミン・バトンの数奇な人生
[PR]



by garanlin | 2009-07-20 02:39 | 観たもの聴いたもの

帰ってきました!!

25日に無事帰国しました(^-^)/

まるで若い頃のように今回も、二週間で観たもの(聴いたもの)14本、舞台の記録DVD2本、友達の家で見せて貰ったお宝映像2本、帰りの機内で映画2本…本当に、インプットだらけの毎日でした!

マイミクわんがりに、インプットだけじゃなくアウトプットもしておいでと紹介されたオープンマイクのあるジャズラウンジには、度胸がなくて行けず。ニューヨークデビューは叶わなかったけど、ある作品のフィナーレで、賞味10分位ブロードウェイの舞台には立ちました~!キャストと一緒に踊ってきましたよ☆

今回はミュージカルだけじゃなく、ライブや興味深いイベントにも沢山行きました!そしていっぱい歩きました。

忘れないうちに色々書いたりメールの返事もしたいのですが、依然パソコンは動かないまま。もうリカバリーしか方法はないらしい(T_T)データを救出する業者を、今友達が調べてくれてますが(だってネットもできないんだもん(T_T))、いくらかかるのか、100%救出できるのかは未知。
新しい自分に生まれ変わりなさいという御告げなのかと真剣に思ってしまいます。

携帯で文字打つのが苦手なもので、パソコン故障と同時にネットから疎遠な人になってしまい、メールの返事が遅れていてごめんなさい。携帯メールも2週間分まとめて受信したので、順次ご返事していきます~。

ライブのリハも始めてて、明日からはアイーダ歌稽古。がんばらねばねばです(^-^)
[PR]



by garanlin | 2009-06-28 23:06 |

NYより その5

ここんとこ雨が続いていましたが今日はお天気も良く、
日曜でタイムズスクエア周辺は混み混みです。

毎日PCを使わせてもらいに通うのが少し大変なので、
旅日記は帰ったら(andマイパソコンが直ったら(T T))upしますね。

色々観てますよ~!今日もまた、マチネはリバイバルの作品と、
夜は興味深いイベントに行ってきます。

頻繁に更新できてませんが、元気ですので安心して下さいね♪
[PR]



by garanlin | 2009-06-22 03:15 |

NYより その4

昨日15日は初Birdland。
Scott Alanという作曲家のライブを聴いてきました。
クローズ最後のRENTでロジャーとモーリーンをやっていた2人もゲストで出ていて、
やはり素敵でお得な夜になりました!!

今日16日はTKTSでSouth Pacificを40%引きで買って観劇。
これがまた良かった!
シンプルだけど整理されてて主演の人達みんな良かった!

詳しくはまた。。。(^^)


NYより その1 を加筆しました~。
読み返したらあまりにめちゃくちゃな文章だったからびっくりして少し直したー(> <)
[PR]



by garanlin | 2009-06-17 12:28 |

NYより その3

そして14日日曜日!

プエルトリカン・デイと言って、
プエルトリコのお祭りで、
5番街をすごい衣裳とすごい装飾の山車がパレード。
ラテンのノリノリの音楽を、それぞれの山車が大音量でかけてるもんだから、
そりゃぁもうすご~~~い盛り上がりよう。
パレードは昼過ぎに終わったのだけど、
それ以降もいたるところで騒いで盛り上がってるプエルトリカンたち。
逮捕されちゃってる人もいました。

そして、、、

夜はマイミクOKAPIが教えてくれた情報を頼りに、
パブリックシアター内にあるjoes pubへ。

シークレット・ガーデンの作曲家、ルーシー・サイモンの音楽を演奏するライブ、
としか聴いてなかったんだけど、
これがまたすごかった!!!!!!!

OKAPI教えてくれてホントありがとう!!

NYに降りついた日にシャトルバスでSさんと乗り合わせなかったら、
このライブ私来てなかったかも。
Sさんにも本当にありがとうだ!!!
劇場なら一人で行けるけど、
お酒飲みながら聴くようなクラブには女一人では行きづらくて、
どうしようかと思ってたんだけど、
Sさんを誘ってみたら行く!と言ってくれて、
テーブルの予約も、英語が堪能なSさんがしてくれて、
開演前長蛇の列ができていたのだけど、
私たちは何と、ステージのどまん前、ど真ん中に座ることができ、、、

出てた出演者は男性5人、女性8人だったかな、
シークレットガーデンは観たことなくて、曲も私あまりなじみがなかったのだけど、
早々たるブロードウェイのプリンシパルたちがかわるがわる出てきて歌った昨日のライブは、
ほんとすごかった。

ミュージカルをあまり日本で観ないというSさんも、
エライ感動してくれていた。

たった25ドルでこんなすごいものがこんな近くで聴けるなんて、
ブロードウェイって決定的に日本と違うよ!
みんな上手すぎる。当たり前だけど。

去年の10月のライブで歌ったロイド・ウェーバーのLOVE TRIO、
あれ実は、10年以上前にカーネギーホールでやった、
「leading laies」というコンサートで初演されたもののコピーなんですが、
あれのオリジナルシンガー3人のうちの一人Marin Mazzieさんが、
昨日のライブに出てたんですよ~~~!!!

http://www.youtube.com/watch?v=yHWlXQtVO3k
↑オリジナルはこれ
2番目に出てくるのがMarin Mazzieさん

彼女の歌ったbe witchedも、私ずーっと聴いてたし。
まさか本人の歌声がナマでこんな近くで聴けるとは思わなかった。

彼女以外の人は、
曲目や誰がどの曲を歌ったのか覚えてなくて、
詳しく知りたい(MCを書き留めたりする余裕がなかった)んだけど、
曲目リストや出演者リストはないって言われて、
どこかネットで探せたりするんだろうか。

終わった後にトイレに行こうと思って、
パブリックシアターのメインエントランスの方からトイレ貸して、って入っていったら、
バックステージに繋がってて、
そこで出演者がすでに飲み始めて打ち上げ状態になってて、
Marin Mazzieとしゃべっちゃいました~~~。
Sさんが思いっきり通訳に徹してくれたので、
あなたのlove trioに感動してすごいファンです。とか言ってみちゃった。
一緒に写真撮ってもらっちゃった~~~。

今すぐupできないのが残念ですが、東京戻ったら全世界に発信しますね(笑)
[PR]



by garanlin | 2009-06-16 03:36 |

NYより その2

今は昔お世話になった宿のPCを借りてます。

PCが全く起動しなくなり、(mixiの記事を「全体に公開」に変えたので、
そちらをご参照ください)
13日~14日の間に頂いたメールはもしかしたら読めてないのもある可能性があります。
返事来ないぞ~!がらんどうした~~!?と思われたかたは、
ごめんなさい~もう一度送信して下さい。
webメールで受信できるようにしましたので。。。

そういうわけで、
こちらに居る間毎日メールチェックできないかもしれません。
こっちに来ても713ライブの準備とか、思いっきりPC駆使してやろうと思ってたので、
壊れたその日と翌日は凹みました。
よっぽど私はPCに依存して生きてたんだなー。
幸い(?)日本の携帯は使えないし、
まぁいいや!とハラくくりました~。ネットが使えないなら足を使って、
アナログサバイバル生活をしてみようと思います。

でも、起きたことを忘れないように、ちょっとずつブログとmixiは書いておこうと思います。
時間制限ありの状態で書いてるから文章めちゃくちゃだけど許してくださいね~。


そして13日。
午前中はそんなわけでPC復旧を試みるもうんともすんとも言わず。
諦めて午後から外に出て、B先生のJazz Choir WSに。
15時半~って書いてあるから15時10分位に行ったら、
誰もいなくて場所もここでいいのか分からなくて、
どーしようー、と思ってたら老人と男の子が階段を上ってきた。
B先生でした。
「WS受けたいんですけどいいですか?」「sure」と言ったものの、
「これはコーラスのクラスだけどいいのか」「(それが)良いです」
と言って部屋に入れてもらうも、開始時間近くなってもだ~れも来ず。
ようやく来たひとりは、私と同じnewcomerで、初老のおばあちゃん。
後から続々と、約束したかのようにみんな遅れてきて、
結局終わる頃には25人くらいになってたんだけど、
クラス途中でご飯食べる人はいるわ、ご飯買いに行く人はいるわ、
みんな自由にしまくり!!
でも内容は多分すごい難しい。
B先生の話す英語も全然わかんなくて、
みんなの談笑にも入れなくて、
私away感漂わせまくり。

うーん。

気を取り直して、その後ニュージャージーにゴスペル聴きに(一緒に盛り上がりに)行きました!
McDonaldが主催の一年に一度のゴスペルの祭典、Gospelfest。
15時から参加団体のコンテストを延々とやって、
19時からゲストによるコンサート、と聞いてたので、
コンサートの途中から入れれば良いなと思ってたんだけど、
チケット取ってないし当日券なかったら、NJまで行っても無駄足になるなーと思ったけど、、
行ってよかった!
チケットは全然取れたし、何か入口もアバウトな感じで最初アリーナに紛れ込んでしまい、
立ち見だったけどすごい近くで観賞。
その後係員に注意されそうな気配を感じて自分の席(東京ドームのてっぺんくらい)に。
お目当てのドニー・マックラーキンとパティ・ラベル(名前合ってる?)はラスト23時くらいの出演だったので、
それまでひとりで座って聴いてたら、ちょっと眠くなってきて、
必死で眼を開けて聴いてたら、
途中で会場がすごい盛り上がって総立ちになった時に、
前に座ってた女の子に、Hey, GET UP!!!と促され、
それからは何だかその子達と一緒に盛り上がって踊って歌っちゃった。(歌詞わかんないけど)

トリとオオトリのお二人は、ものすご~~~くパワフルでエネルギッシュですごかった!
Godが彼ら(舞台上の歌い手andクワイヤたちと3万人くらいの観客)にとって、
どれだけ大事なのか、肌で感じることができて、
なんかすごい夜でした。(小学生の作文になってきた~~~)

ドニー・マックラーキンのバックは5人のクワイヤがやってたんだけど、
一人一人歌ったんだけど、
一人一人がものすごい上手かったよ~~~。
[PR]



by garanlin | 2009-06-16 03:13 |

NYより その1

実は今NYに来ています!

新型インフルエンザのこともあり、
ギリギリのギリギリまでこの時期渡米することを迷ったのですが、
(私がかかって私だけが困るなら全然いいのですぐ決断するけど、
自分だけの問題じゃ済まないだろうから。)
来年以降の身の振り方のために今を逃がしたくない大きな理由があって、
最新情報に眼を光らせつつ、決断して、来ました!


飛行機に乗る前日まで連日バリバリ働いてたので、
あと10時間後には家を出ます。という真夜中に旅支度を始め、、、
今寝たらアウトだ!and時差ボケ防止にちょうどいいや!と完全徹夜。
でも出発の朝、なんとマイミクましゅみんが、
成田の近くに住んでるにもかかわらず練馬まで車で迎えに来てくれて、
成田までのドライブをかってでてくれました。

成田での両替も海外用携帯購入も全部付き添ってもらって、
よくドラマでそういうシーンがあるけど、出国のエスカレーターのところで、
行ってきま~す!と女優気分で手を振りながらセリdownしていき、、、

12時間半のフライトは狙い通りほぼ熟睡(^^)

11日の16時過ぎにJFK空港に到着しました。
前回も前々回もニューアークだったので、JFKの地理を忘れてしまってて、
しかもやっぱりJFKは古くて標識とかも見づらいので、
マンハッタン行きのシャトルバスを手配して乗るまですごい時間がかかった。。。

いつもはグランドセントラルから歩けるところに泊まるので、
空港からはグランドセントラル駅までの空港バスに乗るんだけど、
今回の宿は旅費を節約して、ミッドタウンから離れた何と1泊25ドルのとこなので、
とてもじゃないけどマンハッタン内を重いスーツケースを持って地下鉄乗れないや、と思い、
なおかつお金をケチってタクシーにせず、
乗り合いで希望の住所まで行ってくれるシャトルバスにしたのですが、、、

確かに時間はかかって、11日一日潰れてしまったのですが、、、

シャトルバスで隣り合わせて座った日本人の女の子Sさんと友達になり、
その出逢いがwonderfulな日曜へと発展!!!


12日は昼間宿の周辺を散策し、その後ブロードウェイへ。
Wickedの歌を何度も歌ってるのにまだ一度も観てないので、
今回こそはと思ってBOX OFFICEに来るが、
一週間以内のチケットは完売。
「23日まで居るんだけどどこかで取れない?」と聞くと、
20日土曜の夜ならあると言う。
「いくら?」「131.25ドル」

うわーーー。高すぎる!
日本と変わらないですね。
でもこっちのイイところは、当日空席があると必ずTKTSで半額で買えるところ。
WickedやBilly ElliotはまだまだTKTSに出ないどころか、
ずっと先までソールドアウトで、
定価で取れるだけでも良いか、と思い、清水の舞台からダイビングしてチケットをゲットしました。

その夜はTKTSに出ていたThe Little Mermaidを観ました。
かつて若い頃、私、人魚姫のお姉さんの役を演ったことがあって、
(人魚姫も1回だけやった。。。見事に幻になったが。)
その劇団の演出家Gさんやお世話になってる373さんにお土産話ができればいいなと、
この演目を選んだのだけど、
やっぱりブロードウェイってやることがすごい!
ディズニーシーのショウとは比べ物にならないほどお金も時間も頭も使ってるんだろうなぁ。
王子様が遭難して海に落ちていく行き方、
アリエルが人間になって地上に出て行く行き方、
すべてすべて、これ以上のアイディア出せないです。というくらいなるほど納得の演出でした。

ただ、何年か前にライオンキングを観たときも思ったのだけど、
何だか装置や衣裳の勝利、という感じがすごくした。
ライオンキングもリトルマーメイドも人間じゃないっちゃ人間じゃないし、
ストーリーが子供にも分かるくらいハッキリしてて単純なので、
それを求めちゃいけないんだろうけどね。
良い人なキャラクターと、悪者がぱっきり分かれていて、
大きなうねり(危機一髪!みたいな)はあっても、
ひとりの人間の心の中で、あっちこっち揺れるような、
悩んだり成長したり汚かったり美しかったりみたいな、
人間ドラマがないからでしょうね。

そういう意味で私は、人魚姫なら人魚姫らしく、
人間の心を持った人魚が王子様のために自らを犠牲にするお話をそのままやるほうが、
好きだなぁと思ったなぁ。。。
(あ、もしかしたら「自分を犠牲にして王子様を生かす」結末は演出家Gさんの劇団のオリジナルかも(^^))

リトルマーメイドは全然別物の作品と思ったほうがイイみたい。

普段は買わないんだけど、スーブニールブック(写真がいっぱい載ってるプログラム)をお土産に購入。

はるか昔にNYに初めて来た時観たGuys And Doolsのアデレイドが、
ウルスラ(だっけ?タコの魔女)を演じてらっしゃいました。
やはりコメディエンヌですね、表情とかすごいですよ。
こういうことも普通にできる女優になりたいなぁと思う。


そしてその夜、パソコンが壊れました・・・!!!
[PR]



by garanlin | 2009-06-16 02:44 |

I'm home!!

快適なフライトで無事帰国しました!!

事故もなく、すべてが順調に進んだ今回の旅。
たった4泊6日だったのに充電しすぎて、
早くこの電気使わないと漏電してまいそう・・・!!

2年ぶりのNYCは決して両手を広げて私を迎えてくれたわけではなく、
着いた初日の印象は、「なんか汚い・・・それに冷たい・・・」。
遠くから臨むマンハッタンのビル群の風景は大好きだったはずなのに、
なぜか今までみたいなときめきは感じず、
替わりに、「さあこれから乗り込むぞ」みたいな現実感と武者震い。
街を歩いているだけで幸せだった20代前半の頃とは、
明らかに自分自身が変化してるのを肌で感じたのです。

それでも、志気を高揚させてくれるNYCはやはり来ずにはいられない。
実際NYCでのフリータイムは2日間だけだったけど、
日本から予約していった『A Chorus Line』のほかに観た2本、
『Altar Boyz』 『The Color Purple』もそれぞれ当たりで、
(『The Color Purple』はホントに良かったのに、TKTSに出てるの!
トニー賞主演女優賞取ったLaCHANZEが出てるうちに、ぜひ観て欲しい!!
こんなすごい歌に溢れたミュージカルを1F席で7000円で観られるなんて、
日本じゃありえないし、
彼女だけじゃなく全キャスト、歌がホントにすばらしかった!
魂が溢れてた!!
しかもLaCHANZEは演技力もホントにすごくて、
女の一生、じゃないけど少女からばあさんまで、
見事に演じ分けてたんだよ!)
Barbraと『A Chorus Line』以外には何も決めずに行った旅だったけど、
すごく充実した数日間でした。
感じたこと、考えたこと、整理したこと、新たに決意したこと、は、
日本で過ごす半年分くらいに匹敵する感じ!

17日に、
西40丁目にある演劇関係の本の専門店の近くで、
オーディション攻略のwork-shopが開かれてる会場の前を偶然通りかかった。
すごい数のBroadway Actor予備軍たちに遭遇し、
舞台を目指す若者の多さを目の当たりにした。
同じ日、前日に観た『A Chorus Line』の劇場の裏を偶然通ったら、
丁度終演時刻の後で、
ごく普通の会話をしながら家路を急ぐマギーとディアナの2人とすれ違った。
街を歩いてると本当に、どこにでもいる普通のダンサーに見える。
でも、舞台の上の彼女たち(に限らず17人全員)は、
一人一人が本当にすてきだった。
彼らみたいな人はここNYCには山ほどいて、
その中でも何かが少し突出していたから、
あの17人はオーディションで選ばれてオリジナルキャストになって、
でもちょっとでも体調が悪ければ、
控えているアンダースタディやスウィングにすぐに役を取られ、
そして次の仕事の保障も何もない、
それが普通の、誰もが了承している世界。

私がこの地に独り留まったとしたら、
この中で生きていける勇気と心の強さが私にあるんだろうか。
やっぱり日本での自分の居方は、
彼らに比べて限りなくナマヌルイ気がしたのです。

そんなNYCでの2日間とは打って変わって、
モントリオールではBarbraと同じ空気を吸えたことに感動し、
たった今、Barbraが発した歌声に全身を包まれている幸せに震え、
(ここまで来ると異常!?)
あまりの歌の上手さに人間業じゃない神々しさを感じ、
(だって60歳半ばでまだこれだけの声が出るってホントすごいよ!!!)
この人が生きて歌っていてくれるから私はがんばれる、みたいな、
勝手なpowerを頂戴してきました。

朝早くモントリオールに着いて、コンサートが始まる7時半まで、
留学先のゲルフから来ていたYokoちゃんと一緒に街を歩いた。とにかく歩いた。
自然と街がすてきに共存してるモントリオールが大好きになり、
今度またゆっくり来よう!という気持ちになりました。
何てったって第二のパリと言われてる都市だもの。
大学卒業してすぐにパリに旅行したとき以来の超久々に、
フランス語に囲まれたのだ!
モントリオールは基本的にはフランス語圏なのですよ~。
何にも準備していかなかったので、ほぼ英語で通したけど、
街を歩いてるとだんだん、忘却の彼方にあったフランス語が蘇ってきて、
(何を隠そう私は仏文科・・・はっはっは。でも今じゃ挨拶すらできん・・・)
un cafe, s'il vous plait. (=coffee, please.)
なんて言ってみたり。。。
空港とか公の場所の標識は、英語とフランス語両方表記してあるけど、
街中の標識はほとんどがフランス語。
そんなのもとっても心地よくて、
歌やダンスの研修旅行でNYCへ、とか、旅公演で日本国内を廻る、とか、
そういう旅とは趣の全く違う、超プライベートな時間を過ごせたことも、
とっても良かった!!

あーほんとにいろんなことを感じたなぁ。
そして今、日本。東京。自宅。デスク。
明日から新しい現場での仕事が始まる。
NHKおかあさんといっしょファミリーコンサートの演出補。
・・・よし。やるぞ!!
[PR]



by garanlin | 2006-10-20 04:35 |

~伽藍琳のブログ~
by garanlin
プロフィールを見る
画像一覧

■ 出演スケジュール ■


最新ツイート

検索

最新のトラックバック

イーストウィックの魔女たち
from 1-kakaku.com
ガイア・クアトロ@えずこ..
from そして人生はつづく・・・Ma..
Анна Каренина
from フィニックス英語学院の直美先..
なすびの味噌汁
from syumi-悠悠
トン
from 「トン」ブログリスト
墜落の夏 -日航123便..
from CALS's Library
モンゴル
from 国-ACCESS
Ʒ
from ֥?Ǿ!Blog-Headl..

ファン

ブログジャンル

画像一覧