<   2011年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧




Spelling Bee!!

B'wayでの上演は観逃してしまったものの、
CDで曲を聴いて即、惚れてしまい、
(勝手に)ライブのテーマソングにしてしまったりしている、
大好きなミュージカル、

『The 25th Annual Putnam County Spelling Bee』翻訳版に、

出演することになりました♪

若く、才能と情熱にあふれたスタッフ・キャストのみなさんとのスペリング・ビー、
刺激的な現場になること間違いないです!

開演時間・チケット等の詳細は随時、お知らせしていきますが、
まずは速報です!(^^)!

手帳にぜひmarkして下さいね~!

------------------
International Stage Project
第二弾公演 ミュージカル『スペリング・ビー』

◆スタッフ
作曲・作詞:ウィリアム・フィン
脚本:レイチェル・シェインキン
翻訳・訳詩:舟川 絢子

演出:奥山 寛

◆出演者
ウィリアム・バーフェイ・・・・・・川島 大典
オリーブ・オストロフスキー・・・・・・岩倉 真彩
リーフ・コニーベア・・・・・・飯田 惣一郎
ローゲン・シュワルツァンドグルーベニア・・・・・・佐野 まゆ香
チップ・トレンティーノ・・・・・・麻田 キョウヤ
マーシー・パーク・・・・・・本井 亜弥

ミッチ・マホーニー・・・・・・港 幸樹
ロナ・リサ・ペレッティ・・・・・・伽藍 琳
ダグラス・パンチ・・・・・・菊地 まさはる


◆公演概要
【公演予定日】 2012年3月6日()~11日(日) 

※掲載に誤りがありましたので訂正しました。6日(水)ではなく、6日(火)が初日です。


【会場】 シアターブラッツ(新宿御苑駅より徒歩3分)
〒160-0022 東京都新宿区新宿1-34-16 清水ビルB1


◆公式ホームページはこちら!
 http://www.internationalstageproject.com/
[PR]



by garanlin | 2011-10-30 02:00 | 稽古場&舞台裏

1115@絵空箱、すごいです!

11/15(火)、
(Lin's Barでおなじみの、)絵空箱の店主・
吉野翼さんプロデュースのミュージックフェス第1弾で、歌わせて頂くことになりました!


絵空箱・ミュージックフェス Vol.1
『音ノ夜 -オトノヤ-』
11月15日(火) @パフォーミングギャラリー&カフェ 絵空箱


「豪華アーティストたちによる音楽祭!!ジャズありフォークありポップありダンスあり♪なんでもあり!これはヤバイです…。間違いなく楽しいです。」


聴くほうも演るほうも、間違いなく楽しい夜になりそうです!!
ガランは、今回初めてご一緒させて頂く素敵なピアニスト、
神田晋一郎さんとともに、
20時位~、約30分のステージをお届けします。

詳しくはこちら♪
http://garanlin.syncl.jp/

そして、、、

なんと!

同じくこのミュージックフェスに参加する、
吉田純也くんと、
出演バンドの枠を越えて、デュエットを1曲お届けすることに!
純也くんとは、初めてのご一緒♪

そして、なんと!!

The Lin Garan Showでも素敵な歌声を聴かせてくれた、
尹嬉淑(ユンフィス)さんが、
友情出演してくれることに!!
フィスとこの曲を歌うのは初めて♪というナンバーをお届けします。


「Bettersweet Love」な曲を集めました。

ぜひぜひ、聴きにいらして下さい\(~o~)/

お早目のご予約お待ちしています!(^^)!
http://garanlin.syncl.jp/
[PR]



by garanlin | 2011-10-30 01:00 | 稽古場&舞台裏

その3を書く前に

(その3に続く)と書いたくせに、
またまた滞ってます(^_^;)

31日に引越なので、
今この時間は部屋がダンボールで埋め尽くされていなきゃならないはずなのに、
まだ全然ゴールが見えなくて、
焦ってま・・・す!!


しかし、今夜中にどうしても報告したいことが2つあり(次とその次の記事で書きますね♪)、
でもその前に、秋の観たもの聴いたもの その3 の予告編だけは書いとこうと思ったりして、
取り急ぎ備忘録・・・!

このところ、友人のライブが目白押しで!♪
日にちが思いっきりかぶってしまったりして、
行きたいもの全部に行けているわけではないのですが、
2週間で4本、出かけました。

●シンガーソングライターの、ますみちゃん(ひやねますみさん)のライブ

●906にゲストで出てくれた、白神(白神直子さん)が、
井関佳子さん・南方美智子さんと一緒に組んでいるユニット、
「ねこマジ」のライブ

●「Sylk」というユニットで一緒にライブをやったり、
The Lin Garan Showに出てもらったりもしている、フィス(尹嬉淑さん)が、
坂口阿紀さんと一緒にやった、
tekkanと、たりかちゃん(今宮多力香さん)も出ていたライブ

きょんちゃん(池谷京子さん)や、かくちゃん(角川裕明さん)がやった、
「Songs For A New World」のコンサートヴァージョンライブ

それぞれ、大好きな歌い手だったり、作品だったり、
前々からチェック♪していたライブで、
聴きに行ってやっぱり、あぁ好きだ~この人の歌!と思ったり、
自分がライブをやる際のヒントを沢山もらったり、、、

芸術の秋を堪能してます!(^^)!


そして実は一昨日は、

●オペラ座の怪人 25周年記念公演 in ロンドン

を映像化した映画を観に行って、
3時間の上映時間のほぼ半分くらいは涙がつーつー流れて、
ひっくひっくしてしまったという、
久々に何かを観ながら心臓が本気でどきどきしたり、
キュン!としたり、燃え上がったりする体験をしました・・・!!


・・・というようなことを、
落ち着いたらゆっくり書きたいと思います\(~o~)/
[PR]



by garanlin | 2011-10-30 00:00 | 観たもの聴いたもの

秋の観たもの聴いたもの その2

その1をuproadして安心して、
その2を書くのをすっかり忘れていた・・・。私らしいわ~。笑

自分自身が公演やライブのリハに入っている時は、
なかなかひとのお芝居やライブに行けないので、
な~んにもない今みたいな時期がinputの絶好のチャンス!
短期間に今、結構観てます♪


●I Love You, You're Perfect, Now Change @東京グローブ座

最近、グローブ座やルテ銀みたいな、
いわゆる大劇場すぎない中劇場に(たまたま)よく行くのだけど、
ミュージカル観るなら、
1500人とか2000人とか入る大劇場より、
このくらいの大きさ(500~大きくて900位まで)のが、私は好きだなぁ。
と思ったりします^^

スペクタクル重視の作品とか、ショウアップしたレヴューものは、
大劇場でOK、でも、
ドラマで魅せる作品は、
グローブ座とか銀河とか、クリエとかのサイズがやっぱり合う。と思う。
もちろん、もっと小さい劇場でも私は好き。

そして、、、
I Love You, You're Perfect, Now Changeは、
私とっても好きな作品なんです。音楽も構成も、作品の規模も。

グローブ座でも良かったけど、
きちんと前向いて姿勢正して観るような堅苦しい内容じゃないので、
もう少し小さい、お酒を飲みながら観劇できるシアターレストランとかでもいいなぁ!
と思いました~。

1996年から約12年間、オフブロードウェイで上演されてたミュージカルで、
テーマは「男と女の関係は永遠!」。

男と女の最初のデートから始まって、
色んな男女の恋愛関係、
若いカップルと両親、
結婚は妥協!?
子供がいる家庭の夜事情、
ママに主権を奪われてるパパが唯一キングになれる場所、
離婚した女の必死なお見合いVTR、
お葬式でナンパ?
などなど、
おじいちゃんおばあちゃんになって、つれあいがいなくなっても、
恋の種は思わぬところにあって、、、

男女2人ずつ計4人のキャストが、
18の赤裸々なシチュエーションのなかで、いくつものキャラクターを演じ分けます。
キャストの、俳優としての力量がすごく出ちゃう。から面白い。

前にも日本で翻訳上演していて、そのときも観てますが、
今回は、キャストも、演出も、訳詞家も、
前回とは違う顔ぶれ。

訳詞が違って、演出も違うと、
作品のテイストががらっと変わりますね・・・!

同じホンなのに、違う作品のようにみえました。

前回は女性が訳したけれど、
今回の訳詞は男性。だからかなぁ。

面白いですね♪

23日まで。「素敵な」(←ココ重要)恋がしたくなるミュージカルですよ!


●アントニーとクレオパトラ @彩の国芸術劇場

何度も書いてしつこいかもしれませんが(笑)、
『リタルダンド』がとっても良かったので、
『リタルダンド』主演の吉田鋼太郎さんがアントニーとあっては、
そして、
瞳子ちゃん(安蘭けいさん)がクレオパトラとあっては、
ぜひとも観に行かなきゃ!ということで、行ってきました与野本町。

すごいなー。平日の昼なのに、座席埋まってました!
山手線内の劇場でも集客に苦労している今日この頃、
与野本町なのに。(与野本町の皆様すみません!)

これは、蜷川さん効果でもあり出演者の集客能力の成せる業でもあり。

『アントニーとクレオパトラ』という戯曲の上演を観たくて来る人、
そんなにいないと思うんですよね。
蜷川さん演出だから、とか、
誰々が出てるから、とか、のほうが絶対大きいと。
私だって、吉田さんと瞳子ちゃんが出るから観たいと思ったので・・・^^

蜷川演出の『コレオレイナス』や『ぺリクリーズ』を観た時は、
うー、難しい。。。と、途中で何度か放棄しそうになったけど、
『アントニーとクレオパトラ』は、
ストーリーがわりと単純なので最後まで食いついていけた。

瞳子ちゃんのクレオパトラはとても美しくて、
エジプト女王として、そして、ニナガワ女優として、
見事に君臨していたので、
ホントにすごい!と思った。

そして改めて、
シェイクスピアという人のすごさを思い知ったというか・・・。

私、『恋に落ちたシェイクスピア』の映画、好きだったんですが、
彼が生きていた時代にぜひともタイムスリップして、
シェイクスピアとお友達になりたい!
って、真剣に思います。
これだけの数の、これだけの膨大な台詞のホンを世に出していく情熱、
何を考えて生きてたのか、どんな人と恋をしたのか、
興味ある~~~!けど、絶対に会えないよね。当たり前だけど。。。

30日まで彩の国でやってます。


(その3に続く)
[PR]



by garanlin | 2011-10-21 00:00 | 観たもの聴いたもの

秋の観たもの聴いたもの その1

●Blues In The Night(ブルース・イン・ザ・ナイト)@銀河劇場

超~私好みのミュージカル。
このくらいの、作り込んでもいなければ何も無いわけじゃない、
中間くらいの舞台装置が私は好きで、
客席に入った瞬間に、テンション上がりました。

起承転結のある芯の通ったストーリーは、ない。
内容をものすご~くざっくり言うと、
「ブルースやジャズのスタンダードで歌い綴る、3人の女と1人の男の人間模様」
ざっくりすぎ?(笑)

音楽を聴いてるだけで、happyな気分になれる作品。
きっと、1曲や2曲は、誰でも耳にしたことがあるはずです^^

ブルースやジャズを日本語にするのは・・・と思ってたけど、
竜(真知子)さんの歌詞、さすがでした!

そして、日本語でも、グルーヴを失わずに歌うことって、できるんだ~!と、
思わせてくれたのがモリクミ(森公美子)さん。
クミさんってホントに、オペラからブルースまで、歌い分けてる。。。すごい~!

開演前から舞台下手で存在感示していたピアニスト、
絶対知ってる人だ!あのシルエットはどっかで観たことある!誰?
って思ってたら、
明かりがついたらなんと・・・林アキラさんでした!!

アキラさんがバンドに入ってるなんて、何て贅沢♪
Jazzyな曲も、ブルースも、とっても素敵でした。

東京公演は終わってしまったのですが、
北海道・大阪・名古屋とツアーがありますよ~^^
http://www.blues-itn.jp/UserPage/Detail/10


●一路真輝コンサート@ル テアトル銀座

『リタルダント』がものすごく良かったので、
今回のコンサート、とっても楽しみにしてました。

一路さんは、舞台を拝見するより、ご一緒させて頂いた時間のほうが多くて、
遠くから観ても、近くで共演させて頂いていても、大好きな女優さんです。
女優だからこその、歌。というのをとても大事にされている。

舞台上の一路さんがものすごくナチュラルで、いつもの一路さんのままで、
それがとっても素敵だった。
でも歌になるとやっぱり変身するんですよね^^
『レベッカ』から歌われた1曲が、鬼気迫っていてドキドキしました!
ぜひダンヴァース夫人、いつか拝見したいです!

あと、、、
『アンナ・カレーニナ』の「セリョージャ」をラストソングに持ってこられたことに、
ものすごく、勇気と、愛を感じました(^.^)

決して楽しい歌でも、希望のある歌でもない「セリョージャ」。
本編では、この歌を歌った後すぐ汽車に飛び込んで命を絶つことになるので、
普通はコンサートのラストに持ってくるような歌じゃない。

今の自分にはこの歌がとても大切なんだ!という強い想いが、
何だか嬉しかった。
やっぱり、人を動かすのは、強い想いなんですね!(^^)!


●思い出のカルテット@ル テアトル銀座

立て続けにルテ銀へ^^
黒柳徹子さんのお芝居を、初めて拝見しました。

黒柳さんがライフワークでやられている海外コメディシリーズの、
もう第25弾にもなるそうです!
そして黒柳さん、今web検索したら78歳でいらっしゃるんだって!
素晴らしい!!

引退した音楽家が集まる高級老人ホーム。
かつてオペラ「リゴレット」で共演したことがある元オペラ歌手4人が、
作曲家ヴェルディ生誕を記念するホームでのコンサートで、
再び「リゴレット」の四重唱を披露しようとするが・・・。(公式サイトより)

幕が開いてしばらく姿を見せない黒柳さんの、
登場シーンの衝撃!^^も、
アドリブなのか台本に書かれてるのか分からないスレスレの、
ボケてるのに小気味良い台詞回しも、
見事でした・・・!

コメディだけれど、
老いるということ、について考えさせられるペーソスもあって、
幕が下りたとき、「一日一日を大切に生きようっ」て思った。。。
(このところ、そのことばかりが巡るのだけれど。)

阿知波(悟美)さんがやっぱり上手くて、
その明るさが芝居の中で大いに救いになってます^^

30日までルテ銀にて^^
http://www.parco-play.com/web/page/information/quartet/
[PR]



by garanlin | 2011-10-14 05:21 | 観たもの聴いたもの

キンキョー

ここんとこ、仕事以外のプライベートでのイベントも多々あったりして、
嬉しいことも、心を痛めることも、人生いろいろな半月でした。
でも、がらんは元気です♪\(~o~)/


今住んでる部屋がもう築40年近く経つ建物で、
もともと入ったときからあった不具合に加えて、
他人様に迷惑をかけてしまうかもしれない給水・排水管等の不具合も懸念されるので、
このたび大規模リフォームすることになったんです。

なので10月末から1ヶ月位、家をからっぽにしなきゃいけなくて、
今、引越し準備に追われてます。
12月の頭にまた家財道具全部持って、戻ってくるんですけどね(笑)

断捨離の絶好のチャンスだ!!!と思って勇んで臨むも、
遅々として進まずー!


佳田亜樹さんとのライブシリーズ(12月29日@恵比寿天窓.switch)の選曲も、
ただいま佳境です!

第3弾まででかなりのレパートリーを出し尽くしたので、
2人とも知らなかった、新たな曲との出逢いを求めて探してるのですが、、、

web検索でキーワードになる言葉をいくつか組み合わせて入れて、
hitした作品をwikiで調べて、
該当する曲をYoutubeで聴きまくる!という、
デジタルなんだかアナログなんだか、どっちなの!?という方法で、
心にhitする曲を探してます。

ずっとPCの前に座って曲を聴いてると、
判断力が鈍る。というか、脳ミソが麻痺してくる。

初めて聴いたときと、あらすじが解かって聴いたときとじゃ印象が違いますしね。

このシリーズでは、亜樹さんがほとんどすべての曲を訳詞して下さるので、
主催の亜樹さんとしては、曲が決まった後のほうがよっぽど大変。
私にできるのは、沢山の有用な資料や材料を集めて、
内容の理解を深めておくこと・・・。

もうひとふんばり!!
[PR]



by garanlin | 2011-10-14 03:46 | わきぜりふ

~伽藍琳のブログ~
by garanlin
プロフィールを見る
画像一覧

■ 出演スケジュール ■


最新ツイート

検索

最新のトラックバック

イーストウィックの魔女たち
from 1-kakaku.com
ガイア・クアトロ@えずこ..
from そして人生はつづく・・・Ma..
Анна Каренина
from フィニックス英語学院の直美先..
なすびの味噌汁
from syumi-悠悠
トン
from 「トン」ブログリスト
墜落の夏 -日航123便..
from CALS's Library
モンゴル
from 国-ACCESS
Ʒ
from ֥?Ǿ!Blog-Headl..

ファン

ブログジャンル

画像一覧