<   2006年 05月 ( 18 )   > この月の画像一覧




『きらめく背骨』 深化し始める

5月29日(月)
昨日は前半を頭からつぶしていく稽古。
「つぶしていく」とは、頭から小返ししつつ、
振付の細かい部分やそのシーンでの居方を細かくチェックして、
不明点、不完全点を一つ一つクリアにしていく、という意味。

つぶしていくためには、
1回1回の返し稽古を全部MAX(のテンションと稼働域)でやらないと意味がないのだけど、
全部MAXでやってたら、カラダがガタガタに・・・。

でも、振りが頭に入り、身体に入り、つぶしていって初めて、
一つ一つの動きが意味を持ってくるから、
昨日でずいぶんいろんなことがクリアになって、私としては収穫大きかった気がする。

踊りの作品とは面白いもので、
芝居だったら台本をもらった段階で、あるいは稽古初日に演出家のお話を聞いた段階で、
どうやろうかある程度自分なりにプランを考えて稽古に備えられるものだけど、
(そのプラン通りにやるかどうかは別として)
踊りは振付けられた段階ではまだそれが何を意味するのか、
そのシーンで自分はどんなものとして存在するのか、分からないことが多い。
(「踊りは」と限定しちゃいかんな。「清実さんの作品は」ということにしておきます。)
だから、どう踊ろうか、冷静にプランを練る時間なんてほとんどない。
ただ踊って、振付どおりにやってみて、
前後のシーンが明らかになってきて、何度もつぶし稽古をする中で、
「あぁこれって(私としては)こういう風にとらえればいいんだ」と、
それも踊ってる最中にひらめく、というパターンがほとんどです。

肉体を動かしてみないと気付けないことが多い。

そして昨日はつぶし稽古の後、すでに筋肉がひぃひぃ言ってたのだけど、
ラストシーンのnewバージョンのための振付があった。
ラストのナンバーの前に、もう一踊り、身体を使う振りが加わりました・・・!!


今日は明日の全員集合日に備えて、
昨日の続きでラストシーンの振りを形にする稽古だったのだけど、
なんと、予定通りの時間に稽古が終わったのです!

明るいうちに家に帰れるのなんて久しぶり~。
うれしくて駅への階段も心なしか足が軽かった。(本当は乳酸の宝庫なのに)

早速整体を予約して行ってきた。
ボディメンテナンスも久しぶりだったので、
なんと心地よい1時間だったことか。。。

人気blogランキングへ
[PR]



by garanlin | 2006-05-30 00:40 | 稽古場&舞台裏

『きらめく背骨』 個性。

5月26日(金)
昨日宣告のあった大改造シーンを大改造。
時間もかかったし、何度も何度も繰り返して足が文字通り棒になった。
でもきっと今までやっていたパターンに比べて飛躍的に面白くなったはずだ!
というのは、見ていなくても(踊ってるから客観的には見られないけど)感じる。

清実さんの創る作品は、多分、コンテンポラリーダンスの中でも、
非常に演劇に近いところに居る、といつも思う。
ダンスのテクニックだけではなく、演じる(そこで生きている人々になりきる)という要素が、
とても必要とされる。

完璧に近いほど素晴らしい肉体を持っているダンサーならば、
肉体そのものが語るから、顔の表情にあえて注意を払う必要はないのかもしれない。
でもドラのメンバーは、私が言うのもなんだけど、
(私が一番ダンサーらしくない体型なのだ(-_-;))
すらっとしててバレリーナのように足がまっすぐ!な人なんて一人もいないし、
ラジオシティミュージックホールのロケットガールズのように背の高さや体型が、
みーんな揃っててキレイ!なんてこともない。
だけど、一人一人が違うからこそ、各々の個性を思いっきり出してくれ、と常日頃、
私たちは言われている。
振付を自分流に多少アレンジしても、絶対に怒られることがない。
(これは私が、清実さんの創るものを好きな理由の一つ。観ている時もやっている時も。)
もちろん、振付師がこだわりたいところや一糸乱れぬユニゾンが効果的なところは、
アレンジしちゃいけませんよ。でも、そうじゃないところで、
自分の味が出せていないと、容赦なく鋭い指摘が飛んでくる。

今日久々に、「個性と表現力」に関するダメ出しを、名指しで受けた。
自分が一番分かってることだから、それを言われるのが何よりくやしいしつらい。
きっと、若い時のように、希望に燃えて「ハイ!やってみます!」という素直な態度で
返事ができなかった気がする。
歳を重ねれば重ねるほど圧し掛かってくる、自分を知ってしまっていることの重圧。

でも、「くやしい」と思う気持ちにかけてみようと思う。
「くやしい」と思わなくなったら、そのことの方が私にとっては重大ですから。。。

人気blogランキングへ
[PR]



by garanlin | 2006-05-27 21:36 | 稽古場&舞台裏

『きらめく背骨』 来ました!!

5月25日(木)
来ました・・・!
大変更が・・・!!

一昨日、出演者全員集合で2回目の通し稽古をしました。
スタッフさん総見で、終わった後スタッフ打合せになだれ込んだのだけど、
もちろんそこでプロデューサー他いろんな方々が、
ご意見をくださったらしい。
清実さんは他人に言われたから(自分の意見を)変える、という人では絶対ないのだけど、
きっと1回目の通しから大改造してやった初めての通しを見て、
いろいろ整理したり最初の創作メモに戻ったりした結果、
清実さん自身が、もう一度大改造だ!と思ったらしい。

まず構成が、ぐるん!と変わりました。
一番初めのコンセプトに立ち返ったら、やっぱりこの順番だ、となったみたいだ。
そして、清実さんの説明を聞いて、私達(達、でいいよね?)もすごく納得し、
今日は変更箇所を大雑把に当たっていった。

明日はさらに大改革(踊る方向や進行を大きくchange!)する1シーンを、
丁寧に当たっていく。
でも絶対そっちの方が面白いから、
アタマクリアにして「どんと来い!」っちゅう感じだ。

人気blogランキングへ
[PR]



by garanlin | 2006-05-26 07:11 | 稽古場&舞台裏

●Ubiquitous Live 『夜明けと夕暮れのソルベ』/新宿PIT INN

5月24日(水)
『きらめく背骨』で音楽を担当し、
生演奏で心に沁みるヴァイオリンの音色とヴォイスを聴かせてくださる、
金子飛鳥さんのライブに行って来た。
d0003551_2145204.jpg

飛鳥さんと、パーカッションのヤヒロトモヒロさんと、ギターの鬼怒無月さん3人のユニット。
Ubiquitous(ユビクトス)。宇宙にあまねく、偏在する、という意味らしい。

すごかったよ~。
ほんとにすごかったよ~。
飛鳥さん、普段はあんなにぽわ~んと穏やかなのに、
すごくカッコよくって、
アーティストに神が降りてくる瞬間の表情をたくさんしてた。

ギターとパーカッションもほんとにすごかったんだ~。

・・・惚れました。


ロックでフォークロアで時に攻撃的、時に甘く、
悠久の彼方なのか未来なのか、分かんないけど、無限の時空が、
心の襞の奥の奥にキュイ~ン、ずっしーんと触れてくる、
そんな感じ。

この方々の演奏で踊れることをほんとうに幸せに思う!
[PR]



by garanlin | 2006-05-26 06:58 | 観たもの聴いたもの

『きらめく背骨』 日々変化

5月22日(月)
初日までまだ1ヶ月あるというのに、すでに全体の構成と振付が一通り済んでいる・・・。
いつもに比べて、とても早いペースです!
じゃぁあとは固め稽古をするだけでラクチンでしょ?と思いきや・・・

実は、4/29にドラのスタジオにお客様を入れて公開稽古をしたとき、
すでに大枠はできていた。
でもその後、1曲丸々カットになるという大胆な変更があったり、
Aの曲でやっていた振りを、Bの曲でやることになってカウントのはめ直しがあったり、
カウントや細かーい部分がちょこっとずつ、本当にちょこっとずつ変更したり、
文字通りカット&ペーストが毎日のように繰り返されて、
日々改訂に改訂が重ねられて稽古が進行している。

稽古期間が長いと、試行錯誤がたくさんできるから、
柔軟なカラダだけじゃなく、
日々の変更の嵐に耐えうる柔軟なアタマもとっても必要なのだ!!

稽古期間が短くて、一気に詰め込んで仕上げなきゃならないのもたいへんだけど、
時間に少し余裕があるのもそれなりにたいへん。
でも今の状況はとても恵まれていると思う。

今、お向かいの稽古場でリハーサルしている(はずの)作品は、
稽古初日に台本が1ページもなかったそうです。
それから数日経ちましたが、まだ出演者の方々が稽古場に現れてないような気がする。
でも、絶対良い作品が上がってくると信じているから、皆待ってるのだ。

いろんな現場がありますね(^。^)
[PR]



by garanlin | 2006-05-23 00:53 | 稽古場&舞台裏

『きらめく背骨』 セットの存在感

5月20日(土)
昨日から稽古場を移して、セットを建て込んでの稽古が始まりました。
昨日はセットがらみの場当たりをしたり、音楽の飛鳥さんがいらしていたので、
ヴァイオリンインプロ部分の音楽合わせなど、盛りだくさんの内容。
昼過ぎから開始した稽古が終わったのは、21時を回ってました。。。
昨日は朝から動いてたから、10時間は動いてたってことか・・・恐ろしい!

今日は全体稽古はOFFだったので、久々の2レッスン。
ユッコ氏のバレエと美保さまのジャズで、いい汗流しました~!

そのあと、さゆりさんとヒロツグさんのシーンを稽古している稽古場に顔を出して見学。
昨日は全員集合のなかにセットがあったので、街中に居るような感覚で、
セットがあまり意思を持っているように感じなかったのだけど、
今日は2人きりのなかにセットがあって、セットの存在感をとても感じる。


朝、外はぽかぽか、というより、ちょっと暑いくらいの日差しでしたよね。
あぁ夏に向かって空も動いてるんだなぁ、気持ちいいなぁ、
このままピクニックに行っちゃいたいなぁ、なんて気持ちになりました!
池袋の駅を通ったら、なにやら国際バラとガーデニングショウというものを、
西武ドームで昨日から開催しているらしく、
今日は池袋駅に長蛇の列ができてましたよ。有名なイベントなのかな?

帰りはこれまた久々にこんな時間に家に帰れたので、
スーパーに寄って主婦の買い物。
ヨーグルト、シリアル、玉子などなど、朝ごはんの必需品を買い溜め。
シリアルに牛乳じゃなくてヨーグルトをかけて食べるのが好きなので、
ブルガ○アヨーグルトとかビヒ○スヨーグルトとかが安くなってると買い溜めするのだ。
お米も買っちゃった~。胚芽精米と発芽玄米と八穀ごはん。
こんなことがちょっぴりうれしい。と思える心の余裕ができてきた、ってことかな?
[PR]



by garanlin | 2006-05-20 21:16 | 稽古場&舞台裏

●『そして何かを待ちながら』/ティアラこうとう

5月18日(木)
元コアシステムで一緒だったアキ(佳田亜樹)さん&カヨ(亜久里夏代)さんと、
東少でご一緒したことのあるミオ(牧田未央)ちゃん、3人のコンサートに行って来ました!

ミュージカルナンバー、それも、
マニアックなミュージカルファンにはたまらない、
日本ではあまり知られていない珠玉のナンバーばかりを仁(忠の仁)さんが選曲し、
仁さんオリジナルの日本語歌詞でドラマ仕立てになっているコンサート。

すてきな曲ばかりでした~。
やはり仁さんの歌詞は良いですね! 自然で無理がなく、
英語で書かれた曲が日本語の歌詞になっても、すぅ~っと入ってきます。

3人と聞けばすぐにピン!とくる、3人の魔女の曲、
私の大好きな『イーストウィック~』の曲も歌っておられました。
あぁやっぱり好きだなぁ、わくわくします。歌いたい病がすっかり客席の私に伝染。

そして何と言っても、カヨさんの「トンソク(豚足)ソング」!!
これ別に、トンソクソングってタイトルじゃないんですけど、
トンソクの残響が強烈で・・・。
カヨさんの生き生きとした顔と言ったら!!
客席大いに沸き、カヨパワー炸裂でした! こういうの、カヨさんさすがだなぁ!!

アキさんが薄いブルーのドレスで歌った『THE RINK』の歌も良かった。
年齢ネタが何度も出てきて、アキさん散々最年長をつっこまれてたけど、
一番pureで少女らしいのは最年長のアキさんなのかも。

ミオちゃんの歌を客席で聴いたのは初めてだったのだけど、
若いのに妖艶!! 見習いたい。

今日は客席に懐かしいコアシステムのメンバーが勢ぞろい。
左から、たまち、私、アキさん、亜子さん、マリコ。
d0003551_1402138.jpg

今度はカヨさんを囲んで。トンソクの「ク」の口で。
d0003551_140333.jpg


↑この2つの写真はガランのnew携帯で撮ったんですけど、
この公演のチラシや宣材の写真は、全部マリコが撮ったんです!!
マリコは女優でもありながら、プロカメラマンとして一人立ちしたアーティスト。
HP要チェックです!!

米田麻理子 pur natur
[PR]



by garanlin | 2006-05-19 01:47 | 観たもの聴いたもの

『きらめく背骨』 リハ復帰2日目&「チケットお急ぎ下さい!!」

5月16日(火)
『背骨』リハ復帰2日目。

一昨日『ゼロ』の千秋楽を終えた後、
一晩で『背骨』モードに戻すことができるんだろうか、、、ってちょっと不安だった。
『ゼロ』は私にとって片手間でできるようなものではなかったから、
気持ちもすっかりはまりこんでしまっていて、
『背骨』リハ2週間のブランクは、精神的に想像以上に大きかったのです。

しかぁし・・・!
昨日一日、ガランdayにしてもらって、
頭から全部、変更した箇所、新しく振りが付いた箇所を当たっていただき、
スイッチが完璧に切り替わりました~!!
『ゼロ』の余韻が、見事に、100%、吹っ飛ぶほど。
すでに『ゼロ』が半年くらい前の出来事のような気がするくらいな心境で、
落ち着いて自分の演技を省みる余裕が今は全くないのだけど、
『背骨』の遅れを取り戻して一息つくまで、
振り返るのはちょっと待ってもらおうと思います。(誰に?だ。自分に、だ。)

今日はドラメンバー以外のキャストも全員集合して、
頭から全てのシーンを当たりました。
昨日のハテナ(人が抜けていたので完璧に理解できていなかったところ)が
少しずつ埋まってきて、頭が随分整理されました。
今週の金曜からは稽古場を新国に移し、セットを立て込んでの稽古に入ります。
飛鳥さんとの音楽合わせも始まります。
すごく楽しみです。

そしてお知らせです!!

チケットが、売れているらしいのです!!!
いつもドラの公演だと初日1週間前になるまであまり動きがなく、
最後の1週間で一気に売れていく、という状況だったのに、
今回は初日1ヶ月前にしてすでに残席わずかだそうです!
まだチケット取ってらっしゃらない方は、どうかお急ぎ下さい。

<残席状況>
   ○=お急ぎ下さい  △=売り切れ秒読み  ×=売り切れ
 6/16 A席 ×  B席 △
 6/17 A席 ○  B席 ○
 6/18 A席 △  B席 ○

新国にお申込いただいても同じ状況です。
A席のチケットがなくなってきてしまったので、ドラでB席もお取り扱いすることになりました。

折角ご予定空けてくださったのに、連絡いただいたときすでにチケットがない・・・!
ということにならないように、ぜひお早めにご連絡下さい☆
[PR]



by garanlin | 2006-05-16 22:29 | 稽古場&舞台裏

『ゼロ時間へ』 千秋楽ありがとうございました

昨日14日、『ゼロ時間へ』千秋楽、無事終了しました。
千秋楽はお客様の入りが100%を超える勢いで、
客席と舞台の空気感の隔たりをほとんど感じないくらい、
集中して観て下さっているのがすごく伝わりました。

11日から14日までという短期間の公演でしたが、
万障お繰り合わせてご来場下さった皆様、本当にありがとうございました!!

もう少し長くやりたかったな~。
というのが正直な感想です。
3週間の稽古期間はあっという間だったし、
本番始まってしまったら瞬く間に終わってしまったんだもん・・・。
セットや明かりや劇場の空気や吉祥寺の街や、
いろんなことにようやく馴染んできたらもう千秋楽!?という感じでした。

吉祥寺シアター、すごく良かった!
箱のサイズも丁度いいし、タッパが高いから圧迫感がない。
舞台上でウィスパーで台詞を言っても、何を言ってるかお客さんに伝わる、というのは
驚きでした。
昔、舞台監督としてお世話になった原田さんが、
吉祥寺シアターの小屋付き副支配人になっていて、
びっくりした~!!
全然知らなくて、ある日本番の進行中に裏でスタンバっていたら、
懐かしい顔を見つけて・・・。
ぜひまた吉祥寺シアターでやりたいです。

そして、やっぱりストレートプレイ、また近いうちにやりたい。
実は本格的にストレートでがっつり芝居をさせていただいたのは、
コアの解散公演となった『うそつき曼荼羅』(2002年9月)以来だったんです。
その後も芝居をしていなかったわけではないのですが、
今回のような台詞劇は本当に久しぶりな感触でした。
チャンスをいただけて、本当に良かったと思っています。
グレッグはもちろん、ご一緒した皆さんから沢山刺激をいただきました。
心から感謝を。


観てくれた何人かがやっぱり気になったみたいなので、特別に裏設定を公開。
メアリーが飲んだ睡眠薬、あれはネヴィルが盛りました。
という設定で私たちはやってました。
「私たちは」と言うのは、実はクリスティ本人が手がけた戯曲版の原作でも、
睡眠薬を誰が飲ませたか(orメアリーが自分で飲んだのか)については、
触れていないんです。想像に任せる、ってことなんでしょうか。

小説版『ゼロ時間へ』を読んでいただくと、この点に関してはクリアーに書かれています。
でもまた違った展開なので、ぜひ読んでみて下さい。面白いですよ~。
メアリーの人物設定や性格も、戯曲版から読み取る印象と全然違うし。

それから、交通事故死してしまったエイドリアン。
ハンドルの故障が原因だった、と弟のロイドは言いますが、
本当に事故死だったのでしょうか・・・?
私たちは、「いいえ、実は・・・」という設定でやっていました。
恐るべしネヴィル・・・!!
[PR]



by garanlin | 2006-05-16 03:00 | 稽古場&舞台裏

『ゼロ時間へ』 マチソワの間に。

5月12日(金)
ミステリーだから予備知識無しでいらしていただいたほうがいい。
だから、話の内容を書けない。
ので、写真を載せます!

奥様=トレシリアン夫人(丘美子さん)とメイドのジェーン(智美ちゃん)。
バックステージでは仲良し。
d0003551_164231.jpg


ソファでくつろぐラティマー(信吾くん)。
d0003551_165776.jpg


逆ロミオとジュリエットを演じるネヴィル(翼くん)。
彼は今日、マチソワの休憩の間にもう1ステージやったらしい。。。
d0003551_171772.jpg


初めての自分撮りで目線がどっか行ってるメアリー(私)と、ジェーン(智美ちゃん)。
d0003551_173480.jpg

[PR]



by garanlin | 2006-05-13 01:15 | 稽古場&舞台裏

~伽藍琳のブログ~
by garanlin
プロフィールを見る
画像一覧

■ 出演スケジュール ■


最新ツイート

検索

最新のトラックバック

イーストウィックの魔女たち
from 1-kakaku.com
ガイア・クアトロ@えずこ..
from そして人生はつづく・・・Ma..
Анна Каренина
from フィニックス英語学院の直美先..
なすびの味噌汁
from syumi-悠悠
トン
from 「トン」ブログリスト
墜落の夏 -日航123便..
from CALS's Library
モンゴル
from 国-ACCESS
Ʒ
from ֥?Ǿ!Blog-Headl..

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧