もう一度・・・?

今日は練馬文化センターに、劇団東少の『人魚姫』を観に行きました。

こないだ三越劇場に『ハイジ』を観に行ったときも思ったんだけど、、、

自分の出ていた作品を、時を経て客観的に観るのはすご~く面白い!!
出てるときはもちろんそんなチャンスなんてないから仕方ないけど、
一歩退いてpureな気持ちで観劇していると、
やってたときには気づけなかった、驚くほどたくさんのことが、
頭にぽんぽん飛んできますね~。

それはその、やってる役者さんが生み出した、
私がやるのとは違うすてきな部分、ていうことでもあるし、
演出家のような視点で見てみると、
役者で立ってるときには見えなかったものが見えてくる、
っていうことでもある。

もう絶対チャンスなんてないと思うんだけどさ、
人魚姫はまだしも、ハイジのほうは、
もう絶対むりむり~あたしにゃむり~だって少女しかも10歳か12歳くらいの役よ~、
遠目のお客さんは騙せても、共演者には申し訳ない、
何より多分自分自身を騙せない。とか思ってしまうので、
「もう一度やりたい」なんて口が裂けても言えないけど、

でもね、ホントにやるやらないは別として、

「もう一度やりたい」って思っちゃったんだよね・・・。

1年半前、アルムをやるはずだった真山さんが公演の前日に急逝されたとき、
その事実を受け入れられないまま2日間私達は舞台に立って、
でもそのとき、
「私、これを(クララの)最後にしよう」って本気で思ったくらい、
板の上のすべてが有機的に絡み合って、
これが最後になっても悔いが残らないような2時間だったんです。

それ以来本当に、やるチャンスはなくなってしまったんだけど、、、

でもそんなのおこがましい、ちゅうかただのおごりでした。

終わりなんてないし、
まだまだこの役で遣り足りないこと遣り残したこといっぱいあることを、
客観的に観ていてたくさん思った。
多分40歳になったって、50歳になったって、
「やって」と言われればやる。言われなくても、
自分の中で終わりなんて付けては、
いけないな。
って思ったよ。

もしかしたらそれは、自分がやることではなくて(歳も歳だし・・・爆)、
後進に伝える、ということなのかもしれないけれど。

そんな風に思わせてくれた人魚とハイジに感謝です。
[PR]



by garanlin | 2008-08-04 01:40 | わきぜりふ

~伽藍琳のブログ~
by garanlin
プロフィールを見る
画像一覧

■ 出演スケジュール ■


最新ツイート

検索

最新のトラックバック

イーストウィックの魔女たち
from 1-kakaku.com
ガイア・クアトロ@えずこ..
from そして人生はつづく・・・Ma..
Анна Каренина
from フィニックス英語学院の直美先..
なすびの味噌汁
from syumi-悠悠
トン
from 「トン」ブログリスト
墜落の夏 -日航123便..
from CALS's Library
モンゴル
from 国-ACCESS
Ʒ
from ֥?Ǿ!Blog-Headl..

ファン

ブログジャンル

画像一覧