ご褒美夏休みがくれたもの

3日間、清里でゴスペルのワークショップを受けてきました!

超~たのしかった!
あらゆる予定を掻い潜って死守して良かった。
ココロもカラダもリフレッシュされました~(~o~)

私日本人なのに血が求めるのはいつも日本生まれのものじゃないから、
日本人としてのアイデンティティ皆無だな~、
日本さんごめんなさい、っていつも思ってました。

日舞よりバレエがしっくりくるし、
歌舞伎を始め日本の誇れる演劇沢山あるのにミュージカルが一番好きで、
戯曲だって日本のすてきな作家沢山いるのになぜか洋物に惹かれ、
歌だって日本のすてきな歌沢山あるのに、
この3日間、生まれて初めてゴスペルのコーラスに参加して、
うわぁ~ゴスペル、好きだ~~~。
って思っちゃったんです。
聴くのはずっと好きだったけど、
歌ってみるともっと好きだ~~~。
またもや日本さんごめんなさい。。。

音型や音の積みがめちゃくちゃ心地良いです。
発した声が、大勢の声とひとつになって帰ってくると、
耳とカラダと脳ミソがcomfortされます。
ハモるの好きだ~。あら?あたし、ゴスペル、好きだ~ヽ(´⌒`)ノ

もう十年近く高原なんて行ってなかったし、
夏休みらしい夏休みを過ごしたことも、もう何年もなかった。
涼しくて、緑に囲まれて、空気が美味しくて、
みんな歌うのが大好きな人たちで、
なんだかすごく、楽しかったなぁ~。
d0003551_2249462.jpg

↑こんな雄大な自然の中の、
↓ここで歌ってきました♪
d0003551_22502814.jpg

↓先生2人を囲んで。。。
d0003551_22504662.jpg


そして、ちょこっと私の中であった変化。
どこのクワイヤにも所属してないのに、
今回生徒として仲間に入れてもらったのですが、
指導する圭子さんやあっちゃんさんと、
彼女たちに長いこと付いて歌を心から楽しんでる生徒さんたちを見ていて、
(もちろん私も生徒の一人として存分に楽しんで、)
純粋に、良いなぁ!と思ったのです。
うーん、上手く言えないのだけど、「教える」ことについて。

今までも「教える」ことがもたらしてくれるすてきなことは分かってた。
でも分かってたつもりで分かってなかったのかも。
今まで(踊りを)教えていて、生徒さんたちから沢山のパワーをもらってきたけど、
もっと自分自身が勉強したいこといっぱいあるから、とか、
こんな私が教えちゃいけない、とか、
そんな風な想いが教えたい想いよりも強くなって、
ここしばらく「教える」ことから自主的に遠ざかってました。
でも、
そんな次元じゃないんですきっと。
「教える」ことを「継続する」って、すごくすご~く価値のあることだなぁ、と、
すごくすご~く思いました。
[PR]



by garanlin | 2007-08-20 23:25 | わきぜりふ

~伽藍琳のブログ~
by garanlin
プロフィールを見る
画像一覧

■ 出演スケジュール ■


最新ツイート

検索

最新のトラックバック

イーストウィックの魔女たち
from 1-kakaku.com
ガイア・クアトロ@えずこ..
from そして人生はつづく・・・Ma..
Анна Каренина
from フィニックス英語学院の直美先..
なすびの味噌汁
from syumi-悠悠
トン
from 「トン」ブログリスト
墜落の夏 -日航123便..
from CALS's Library
モンゴル
from 国-ACCESS
Ʒ
from ֥?Ǿ!Blog-Headl..

ファン

ブログジャンル

画像一覧