劇場入り

9月18日(月)
初日まであと2週間以上あるというのに、今日から劇場で、
本番のセットを使っての稽古。
あ、これ『ペテン師』の話です。
なんて贅沢なの!って思うけど、
一昨日までは仮のセットを建て込めない稽古場で稽古してて、
盆が回ってるのも階段装置の段差も全部想像でやるしかなくて
イメージするのが結構大変だったので、
こんなに早い時期に劇場に入れてとてもありがたいです。
いろんなことが一気にクリアになる。

今日は、劇場に入ってまず何をしたかというと・・・、
振付の付いているナンバーの総ざらい場当たり稽古!!
6時間ぶっ続けで(途中10分休憩は何度か入りましたが)、
大勢口のダンスナンバーを一気に当たりました!!!
ふぅ・・・。
言ってみれば、今日が振付アシスタントのガランにとっては、
集中力と思考能力をMAXにして臨まねばねばの一番大事な日。
鼻の穴ふくらまして(気合入れて)劇場入りしましたが、
終わってちょっとほっとした~。
(しかしまだ、一番の大ダンスナンバーが時間切れでできなくて、
明日以降に持ち越しになった。。。)

劇場に入ると集中度がさらに増すので、終わると頭がぽわーんとしてしまいます。
帰りのりんかい線の中では爆睡。
あやうく乗り過ごしそうになった。

でもやってる役者さんのほうがきっと、今日は頭も身体もパンパカリンだろうな、
と思う。
上2.5(上手の2番と3番の間)、とか、
中足が3(舞台上で立ってる自分の足の、センター寄りの足=中足が3番)、とか、
ナンバーごとに、幾パターンも覚えなきゃいけないんだもん。
劇場に入ると、稽古場で稽古しているときより空間がグンと広がるし、
フルで踊ってもらってるから(場当たりだからMAXで踊らないと意味がない)、
そりゃ疲れますよね。

うーん、でもガランはやっぱり、どんなにボロ雑巾になってもいいから、
身体を使うほうが合っているかな、と自分で思ったりする。
頭だけ使って身体を動かしてないと、
余計腰にきて背中も肩もバリバリになってしまうのです。
アシスタントとして仕事している期間は、自分の肉体を維持するのが大変。
課題ですな・・・。

明日からは冒頭シーンから芝居も踊りも歌もひっくるめて、
当たっていきます。
すてきな装置の写真を載せられないのが残念。(ネタバレになるし)
かなり面白いミュージカルだぞこりゃ~!!

帰りにゴハンを食べて帰ったのだけど、
演出の宮田さんと初めてご一緒したというのに、
私ときたら救いようのない大バカ君を披露してしまった・・・。
みんなで頼んだインドカレーを見て、これ何の肉だろう?という誰かの言葉に、
「うーん、ミトンですかねぇ」
すかさず隣りに居た清実師匠がつっこむ。
「マトンや!こらっ!」
やっちまった・・・。
清実師匠も、演出アシスタントの美也子さんも、私がそういう、
時たまネジが取れた言動する(時たまだよ!時たま!!)人間だということは、
重々承知しているので、2人はちっとも驚かないが、
宮田さんに、あら、この人バカ?って印象付けちゃったに違いない(>_<)

ど~しよう(ToT)

ま、いっか!
[PR]



by garanlin | 2006-09-19 01:45 | 稽古場&舞台裏

~伽藍琳のブログ~
by garanlin
プロフィールを見る
画像一覧

■ 出演スケジュール ■


最新ツイート

検索

最新のトラックバック

イーストウィックの魔女たち
from 1-kakaku.com
ガイア・クアトロ@えずこ..
from そして人生はつづく・・・Ma..
Анна Каренина
from フィニックス英語学院の直美先..
なすびの味噌汁
from syumi-悠悠
トン
from 「トン」ブログリスト
墜落の夏 -日航123便..
from CALS's Library
モンゴル
from 国-ACCESS
Ʒ
from ֥?Ǿ!Blog-Headl..

ファン

ブログジャンル

画像一覧