『アンカレ』 初日開きました!

2月9日(木)
初日開きました!!
ブログご無沙汰してゴメンナサイ。
アクセスしてくださっていたみなさま、ありがとうございます!!

恒例の初日の御祓いも執り行われ、
楽屋は出演者に届いたお花でいっぱいになり、
劇場いっぱいにお客様が入り、
客席のみなさんがじーっと舞台を観てくださっている視線が痛いほど伝わり、
ネタ(おもしろ)のシーンではドヒャッという笑いも聞こえ、
ときには手をたたいて笑っていただけたシーンもあり、
「シーン・・・」という音が聞こえるくらい客席が静まり返ったシーンもあり、
カーテンコールでは温かい拍手もいただき、
一路さんの初日の挨拶もあり、
・・・なのにいつものような、「初日が開いた~!」という感じがしないのはなぜだろう。

昨日のGP(ゲネプロ=最終舞台稽古)のダメ出しが今日昼間にあって、
幾つかのシーンを稽古しなおした後、
さほど時間的に追い詰められることなく(時間も心も余裕を持って)初日を迎えたのだけど、
いつものような「初日だ~!開いたぞ~!」というメデタイ感があまりなくて、
むしろ稽古がそのまま続いている感のほうが強かったです。
(多分わたし的にはそれは良い事。)
終演後、楽屋廊下での乾杯前に、
裕美さんはダメ出しに走り回っておられました。
明日も、今日の初日のダメ出しがあります。
また、舞踏会のシーンでは、ほんの2小節のわずかなことではあるけれど、
ダンスの修正があります。
明日は清実さんがいらっしゃれないので、
ダンスキャプテンのももさんが修正を一任されています。

きっと裕美さんは、可能な限り毎日舞台を観てくださって、
毎日ダメ取りノートを持って楽屋の廊下を走ってくださいます。

なんだか、
しあわせな事です。
初日開いてもなおかつ、関わっている一人一人が、
もっと、もっと、を目指しているんだなぁ、ということが、
お互いに言葉にしなくても了解し合えてるかんじがします。

個人的には、冒頭のちびソロ(1小節だけなのでちびちびちびソロ、なのだけど)のとこ、
昨日のGPでようやく「これかな」という初日が出ました。
初日が出た、ということは、お客様に見せてもよい最低限のレベルに達した、ということで、
本当ならば稽古の始めにそんくらいやってみたいわ!てかんじなんだけど。。。

稽古期間は普通より長かったから、稽古量も多かったはずなのに、
冒頭だけでなく他のシーンも、
自分の出の前に振りや歌詞を反芻しないとミスしてしまいそうで、
何度も何度も確認しました。
袖でわたし、初舞台生みたいでした。
あれだけ稽古したのにまだ身体に入ってない。
自分の中での流れてきた感が、初日の舞台でようやく少し感じられた、
というくらいまだまだ落ち着き感がありません。
でも裕美さんに言わせれば、
「そうじゃなきゃつまんない」そうです。
役者はいつもドキドキして舞台に立たなきゃ面白くないじゃん、だそうです。
ちょっと安心。

(前にも書いたかもしれませんが、)
歌詞の内容と気持ちと動きが全く一致しないことを同時にしなきゃならないシーンが多く、
自分の中でつじつまを合わせるまでにとても時間がかかってしまったのです。
「役者的には気持ち悪いかもしれないけど、見え方としてはこれでお願いします」
ということが、今回とても多いのです。

こっからが始まりです!
[PR]



by garanlin | 2006-02-10 01:55 | 稽古場&舞台裏

~伽藍琳のブログ~
by garanlin
プロフィールを見る
画像一覧

■ 出演スケジュール ■


最新ツイート

検索

最新のトラックバック

イーストウィックの魔女たち
from 1-kakaku.com
ガイア・クアトロ@えずこ..
from そして人生はつづく・・・Ma..
Анна Каренина
from フィニックス英語学院の直美先..
なすびの味噌汁
from syumi-悠悠
トン
from 「トン」ブログリスト
墜落の夏 -日航123便..
from CALS's Library
モンゴル
from 国-ACCESS
Ʒ
from ֥?Ǿ!Blog-Headl..

ファン

ブログジャンル

画像一覧