●tpt 『道成寺 一幕』/ベニサン・ピット

9月3日(土)
実はtptのストレートプレイを観たのは初めて。
なんたること!それで役者と言えるのか!? と自分を叱咤してやりたくなるけど、今まで観たい観たいと思っててもチャンスがなかったんだもん・・・。
でも今日観に行って、いかん!(tptに限らず)観たいと思うものはお金がなくても時間がなくても、何とかして観ておくべきだ!と、ほんとうに思いました。
塩野谷さんの出演されてる作品も然りです。

新国の『涙の谷~』でご一緒させていただいて以来、塩野谷さんからはお芝居のご案内を何度もいただいているのだけど、今までリハであくせくしている時期だったり地方公演で東京に居なかったりで、一度も観に行けたことがなかったのです。『涙の谷~』以来、わたしにとって塩野谷さんは、気になる俳優さんの一人であったにもかかわらず。
でも今日観て、あ~、今まで観逃した作品を全部観たい!と悔やんだくらい、塩野谷さんはやっぱり注目してしまう俳優さんでした。『涙の谷~』のときと明らかに外見も中身も全く異なる人物が、舞台上に居ました。役者だから当たり前と言っちゃ当たり前だけどさ~、何を演じてもおんなじという俳優さんも中には居るわけで・・・。

なつめさん(大浦さん)in tptもとてもステキでした。
なつめさんがミュージカルの舞台で輝いていらっしゃる姿も、わたしは本当に素敵だと思うのだけれど、なつめさんのように、商業演劇の第一線で真ん中に立つ方が、こういう役をこういう形で演じるというのがまず面白く、芝居魂みたいなものを感じてしまうのです。わたしはそういうの、すごく好きだなぁ~と思うのです。
なつめさんはこのすぐ後に、千葉哲也さんとの2人芝居を控えているらしい。すすすごい。
必見です。

中嶋朋子さんは、やっぱりすごい女優さんです。あれ?大竹しのぶさん?と思うようなせりふの言い回しや表情がそこかしこにあって、2人に共通するなにかを感じてしまった。
変貌した後の女の目は、心に強い役者自身の自信と、役の確固たる信念がないと出せない、ぞくっとするほど魅惑的な目でした。蛍ちゃんもすごかったけど、この方は本物の女優さんなんですね。

そして。
観終わってすぐは、「はぁ、『道成寺』をこんなふうに演出するんだ、わたしの頭には今まで全くなかったイメージ。やっぱり演出家が日本人じゃないからなのかな」と思ったのだけれど、よくよく考えてみるとそれは、「日本人ドイツ人ということではないなぁ。世代とか、趣味とか、その人の生きてきた環境とか、そんな個人レベルの好みの違いだなぁ」と思い、こういう実験的な上演ができる環境はほんとうにすてきだなぁ、と思ったのでした。(脈絡ない!?)

劇場に入ってすぐ、上(かみ)から下(しも)へ渡されている、縁側のような渡り廊下のような横長の床が目に入り、土間のようになっているもっとも低いレベルの床面がピカピカに磨かれていて(またはそういう素材?)、縁の下が、まるで水面に映っているように逆さにどこまでも深く続いているように見えて、すごく印象的でした。

あぁやっぱりベニサンいいなぁ!
何日か前のブログに書いた『刹那の心』は、ベニサンでやらせていただいたのです。
当時わたしたちは22,3で、キャリアも名声もないこんな若造にはきっと貸してくれないだろうという不安は持ちつつ、意を決して支配人に会いに行き、熱烈に思いのたけを訴えたのでした。
瀬戸さんが首を縦に振ってくれたときは、ほんとうにうれしかったなぁ。
もう一度、ベニサンで芝居をやりたいです。
[PR]



by garanlin | 2005-09-03 23:50 | 観たもの聴いたもの

~伽藍琳のブログ~
by garanlin
プロフィールを見る
画像一覧

■ 出演スケジュール ■


最新ツイート

検索

最新のトラックバック

イーストウィックの魔女たち
from 1-kakaku.com
ガイア・クアトロ@えずこ..
from そして人生はつづく・・・Ma..
Анна Каренина
from フィニックス英語学院の直美先..
なすびの味噌汁
from syumi-悠悠
トン
from 「トン」ブログリスト
墜落の夏 -日航123便..
from CALS's Library
モンゴル
from 国-ACCESS
Ʒ
from ֥?Ǿ!Blog-Headl..

ファン

ブログジャンル

画像一覧