『どあろ』が終わって

3月28日(月)
ANAの第一便で帰京。
羽田に到着して飛行機のタラップを降りた途端にクシャミ連発! 嗚呼東京はスゴイ花粉地獄だったんだ・・・。大村では杉林の中を歩いたりもしたけれど、周りは海だしアスファルトも少なくて、例年に比べてぜーんぜん平気だった。今年は花粉が並みの量じゃないって聞いてたのに、だ。やっぱり大村の美しい自然のおかげだったんだ。これからしばらく花粉と闘う日々が始まる・・・!

昨日の夜はとても幸せな気分で眠りに着いた。
去年の9月の配役オーディションから参加して、10月からの土日稽古、11、12月はドラの新国公演があったからあまり大村に行けなかったけれど、年が明けて1月からは平日夜にも稽古が入り、何度も羽田-長崎間を往復した。そして3月4日からは館長・スミ先生のお宅に下宿させていただき、期間限定の大村人となってほぼ一ヶ月(チャリで大村の街を我が物顔で走ってたのは私です)。トータルで半年間にも渡る稽古の日々を経て一昨日、市民ミュージカル『どあろ』は幕を開け、昨日、千秋楽の幕が無事降りた。

打ち上げは、そりゃぁもう大騒ぎさ! もうお開きだというのに名残惜しくて帰らない子供出演者たちが、酔っ払ったように『どあろ』のナンバーを頭から、他人の歌までぜーんぶ、歌いまくってる姿は、圧巻だったなぁ~。どこにそんな元気残ってたの~!? このミュージカルの最後を、出演者のみんなが半泣きの笑顔と元気な歌声で締めくくってくれた。吹き抜けの階段の上からその姿を眺めながら、ずっとずっと幸せを噛み締めていた私。

その裏には、打ち上げに参加しないで夜中までバラシ作業をしてくれた、舞台部の方々(仕込みもシューティングも日数が取れず、ほとんど徹夜続きでやってくださった。川端さんはじめテクニカルスタッフの方々の愛がなければ、このミュージカルは成り立たないと思う)やボランティアスタッフのみんなが居たことを忘れちゃぁならない。

老若男女(小学校1年生から5○才まで)51人の大所帯だった出演者。高校生から出演者のおばあちゃんまで幅広い年齢層のボランティアスタッフや、テクニカルスタッフも入れると、ゆうに100人は超える『どあろ』カンパニーだった。パッと見34には見えない(自分で言うな?)私が一人でこのカンパニーをまとめなければならない時期もあって、実はいつもドキドキ不安がいっぱいだった。演出補・振付補とは名ばかりで、やってる仕事は小学校の先生とおんなじだこりゃ、と冷や汗もたくさんかいた。本当にいろんなことがあって、ったくぅ!と頭を悩ますことは日常茶飯事、こりゃピンチだ!と内心この上なく動揺した事件も片手じゃ数えられないくらいあったけれど、演出の菊池さんや振付のアキ先生は、さすが経験も豊富で落ち着いて適切な対応をなさるので、今回お二人の傍でやらせていただいて、すごくすごく勉強になった。

そしてもちろん、51人の出演者は、いつも私をカッカカッカ怒らせていたわけじゃなくて、最終的に、51人一人一人の魅力を100字で述べよ、と言われたら私すぐに全員の分答えられるよ、というくらい、愛すべき姿を私の中にのこしてくれたんだなぁ。上手く言えないけど。

みんなからいただいたメッセージ帳。うれしかったな~。昨晩ホテルで荷造りそっちのけで読み、今日飛行機の中でまた読んじゃった。
d0003551_122587.jpg


朝の羽田空港はにぎやかで、旅立つ人がたくさん居て(当たり前か!)、今日から私も心機一転がんばらにゃぁ!という気分になった。でも一ヶ月ぶりに新宿の喧騒の中を歩いたら、あまりの人の多さゴミゴミさに、一瞬具合悪くなりそうになった。こんな感じは初めて。もしかして、身体半分、大村人になってたのかも!?
[PR]



by garanlin | 2005-03-28 20:00 | わきぜりふ

~伽藍琳のブログ~
by garanlin
プロフィールを見る
画像一覧

■ 出演スケジュール ■


最新ツイート

検索

最新のトラックバック

イーストウィックの魔女たち
from 1-kakaku.com
ガイア・クアトロ@えずこ..
from そして人生はつづく・・・Ma..
Анна Каренина
from フィニックス英語学院の直美先..
なすびの味噌汁
from syumi-悠悠
トン
from 「トン」ブログリスト
墜落の夏 -日航123便..
from CALS's Library
モンゴル
from 国-ACCESS
Ʒ
from ֥?Ǿ!Blog-Headl..

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧