休演日に想う。

初の休演日です。

29日、初日が無事開き、あっと言う間に4公演が終了しました。
観に来てくださったかた、お祝いや応援を届けてくださったかた、
本当にありがとうございます。

このペースで日々が過ぎると、
千秋楽まで本当にあっという間です。
1回1回、大事に演じたいです。


今回の役は、
深い悲しみの過去があって、虐げられ、
最終的にも報われない役なので、
舞台の上では気持ちの昇華どころがないんです。

その分、はけた(退場した)後に、
下手の舞台袖で、昇華させていただいてます(笑)。

でも、生まれた時代や国によっては、
今演じている役のような状況下に自分が置かれる可能性も、
多々あると思うと、
胸が痛くなる。

今、生きていて、ゴハンが食べられて、
人と笑いあったりケンカしたり、
人を好きになって、うれしかったり凹んだり、
そんな当たり前のことができる幸せ、
それがどんなにすてきなことなのか、
改めて感じます。

それから、
このカンパニーで仕事ができることの幸せも。日々実感中。
人間としても、舞台に立つ(舞台を作る)人としても、
見習いたい!と心から思わせるすてきなところを、
一人一人が持ってる。
AIDAで初めて出逢ったすてきな人達、
前々からお互い知っていたけれど共演は初めて、の人達、
18年ぶりのうれしい共演、のかた、
そして、私がこの世界を志すきっかけになった、
あの日のあの舞台に出てらしたかた。。。

休演日が寂しく感じる自分に驚いてます。


初日が開いた後の乾杯で、
音楽監督の甲斐先生や助手の宇賀神さんから、
思いがけず労いの言葉をいただいて、
すごくうれしかった。

できなかったものができるようになるためには、
やっぱり稽古しかないんだな・・・。
で、面白いのはそこを越えた先にある。
積み重ねてきたものがあれば、
舞台の上で自由になれる。脳ミソが真っ白になっても、
自然に心と体と声帯が動いてくれる。
そんな瞬間が、役者にとっての醍醐味なのかな~と、
思ったりします。

でもそれって、
一回一回本気で臨まないと絶対に得られない瞬間だし、
ちょっとしたことですぐに、
どんがらがっしゃん~って崩れてしまう紙一重の位置にある。

毎回のステージ、大切に臨みたいと思います!
[PR]



by garanlin | 2009-09-01 22:37 | 稽古場&舞台裏

~伽藍琳のブログ~
by garanlin
プロフィールを見る
画像一覧

■ 出演スケジュール ■


最新ツイート

検索

最新のトラックバック

イーストウィックの魔女たち
from 1-kakaku.com
ガイア・クアトロ@えずこ..
from そして人生はつづく・・・Ma..
Анна Каренина
from フィニックス英語学院の直美先..
なすびの味噌汁
from syumi-悠悠
トン
from 「トン」ブログリスト
墜落の夏 -日航123便..
from CALS's Library
モンゴル
from 国-ACCESS
Ʒ
from ֥?Ǿ!Blog-Headl..

ファン

ブログジャンル

画像一覧